メルラインの成分と効果・効能は?

メルラインの成分と効果・効能は?

メルラインの効果・効能は?

いったいどんな効果があるのか、成分がいったいどんなものが含まれているか不安っていう方はけっこう多いと思います。

 

それで、メルラインの公式ショップページを見てもらうとわかるんですが、実は効果や効能、どんな成分が含まれているかはそこに書かれているんです!

 

まず、メルラインの効果や効能はこう書かれています。

 

【メルラインの効果・効能】

肌荒れ・あせも・しもやけ・ひび・あかぎれ・ニキビを防ぐ。油性肌。かみそり負けを防ぐ。日やけ、雪やけ後のほてりを防ぐ。肌をひきしめる。肌をひきしめる。肌を清浄にする。肌を整える。皮膚を健やかに保つ。皮膚にうるおいを与える。皮膚を保護する。皮膚の乾燥を防ぐ。メラニンの生成を抑え、しみ、そばかすを防ぐ。

 

成分と効果・効能は?

 

メルラインは医薬部外品(強力な医薬品よりも穏やかに作用するもの)と呼ばれるものなので、主に予防効果が高いです!

 

なので、

 

■ニキビを繰り返さず抑える(ニキビ予防)
■シミやそばかすを防ぐ(日焼けなどによるもの)
■保湿する(肌を保護して乾燥するのを防ぐ)
■肌の状態を整えて肌荒れを防ぐ

 

といった効果が期待できます!

 

メルラインの成分は?

メルラインは、↑に書くような多くの効果・効能を持った成分が含まれています!

 

【有効成分】

グリチルリチン酸2K、水溶性プラセンタエキス

【その他の成分】

3-0-エチルアスコルビン酸、ビサボロール、米糠抽出物加水分解液A、水溶性コラーゲン液-4、ヒメフウロエキス、ヒアルロンNa-2、アセチル化ヒアルロン酸ナトリウム、加水分解ヒアルロン酸、トレハロース、ステアロイルフィトスフィンゴシン、濃グリセリン、トリメチルグリシン、エチルヘキサン酸セチル、ステアリン酸POE(20)ソルビタン、カルボキシビニルポリナー、水酸化K、キサンタンガム、ジメチコン、天然ビタミンE、BG、1、2−ペンタンジオール、フェノキシエタノール、香料、法定色素、精製水

 

成分と効果・効能は?

 

有効成分には定番の『グリチルリチン酸2K』、『水溶性プラセンタエキス』が含まれてます!
ニキビに使える医薬部外品にはこの2種類が含まれていることがけっこうあります。

 

グリチルリチン酸2Kは、抗炎症作用があって、医薬品や医薬部外品だけじゃなくて、化粧品や石鹸、シャンプー、食品に使っていることもあるほどでいろんなものに使われる万能な成分です!

 

水溶性プラセンタエキスは、名前のとおりで近年話題のプラセンタが含まれたエキスです。
プラセンタは、タンパク質、脂質、糖質、ミネラルやビタミンなどあらゆる栄養が豊富に含まれています!
日本語に訳すと胎盤”という意味で、細胞の成長や再生を促進する効果が高いとされています。

 

要するに、水に溶けやすいプラセンタのエキスがメルラインに含まれているってことですね。

 

この2大成分が肌にしっかりと働きかけることで肌を保護して、肌のターンオーバー(肌の代謝機能)を手助けするための栄養をしっかりと届けてくれるんです!

 

ほかの成分も基本的にコラーゲン液やヒアルロン酸、トレハロース、ビタミンEといった肌にやさしい&肌を潤す成分も多く含まれているので、かなり使いやすいです(^^*)

 

ちなみに、ごく少量ですがエタノール(アルコール類)が含まれているのでアルコールに対してアレルギーのある方は気をつけたほうが良いかと思います。
あと、メルラインの成分の中の薬品に対して、なにかしらのアレルギーを持っている場合だと、肌につけたら赤く腫れたりかゆみが出る可能性があります。

 

ただ、「アレルギーかどうかなんて、そんなの使ってみないとわかんないよ!」ってなるかと思うので、その場合は最初にパッチテストをすることをおすすめしますよ!

 

メルラインと水を1対1で混ぜて薄めて、うっすらと二の腕など肌の柔らかい部分に小さい範囲で塗って様子を見る方法です。

 

簡易的ではあるんですが、それで1〜2日ほど様子を見てもし大丈夫そうならそのまま続ける、ダメだったら返金するっていう流れが良いかと思います。